遺留分を侵害されている場合

ここでは相続における「遺留分」についてご説明をしていきます。

 

遺留分とは

相続では遺言書があればその内容が優先されると民法によって規定されています。
しかし、遺言で「財産を全て知人に渡す」という内容や「財産を渡さない」などといった指定があると、その内容は著しく法定相続分を侵害する相続内容なので相続人にとっては納得がいかない場合もあります。そのような場合に、法律では法定相続人の権利を保障しており「遺留分」といいます。

 

遺留分権利者の対象者

遺留分を侵害されている相続人が、遺留分を侵害している人に対してその侵害額を請求することを遺留分減殺請求といいます。

遺留分減殺請求をすることができる者は、法定相続人のうち、配偶者・子・父母・祖父母 などになります。子の代襲相続人も請求権利者にあたります。兄弟姉妹には遺留分はありません。

判例によれば、胎児もその後、無事に出産すれば、子としての遺留分が認められ権利を行使することが可能ということです。ただし、被相続人により 相続欠格 及び 廃除 となっている場合には、代襲者が相続人となりますので、その方が遺留分権利者となります。

 

遺留分割合

  • 直系尊属の方のみが相続人である場合は法定相続分の1/3
  • 相続人が子のみや配偶者のみ、配偶者と直系尊属の場合は法定相続分の1/2

上記が遺留分として認められています。

 

遺留分減殺請求したい場合

遺留分を侵害されているかもしれないとお困りの方は遺留分減殺請求を行使します。この請求は相手に意思表示をし、到達することにより効力が生じますが、念のために内容証明郵便で郵送した方が安心でしょう。 その際の注意点として、下記のような点に気を付けましょう。

  • 送る相手方が合っているか
  • 遺留分減殺請求の期間が時効になっていないか
    遺留分権利者が、相続の開始があったことを知った時から一年間行使しないときは、時効によって消滅します。また、相続開始の時から十年を経過したときも、時効となります。)
  • 遺留分を返してもらう方法

 

お困りの方は当事務所でもお手伝いが可能ですので、お問合せ下さい。

 

 

遺留分についての関連項目

まずはお気軽にお電話ください

0120-315-078

営業時間 9:00~20:00(平日・土曜)/日曜・祝日は事前予約のみ対応

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ

「市川 錦糸町 相続遺言相談室」は市川を中心に船橋・松戸など千葉北西部エリアで相続に関して安心のサポートを提供しております。また、錦糸町にも事務所を構えております。市川駅から徒歩3分、錦糸町駅から徒歩3分の場所にございます。お気軽にお問い合わせください。

無料相談実施中!

  • 0120-315-078
    営業時間 9:00~20:00(平日・土曜)
    日曜・祝日は事前予約のみ対応

  • 初回60分~90分無料相談のご案内
  • 事務所案内
  • 代表あいさつ
  • アクセス
  • サポート料金
  • 無料相談

アクセス

  • 事務所所在地
    【市川本店】
    司法書士・行政書士


    〒272-0034
    千葉県市川市市川1丁目7-15
    カメイビル203号
  • 【錦糸町支店】
    司法書士


    〒130-0013
    東京都墨田区錦糸3丁目8-8
    リヴュール・ツムラ1001

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続の基礎知識

当事務所が選ばれる理由

当事務所が選ばれる理由
  • 初回は
    相談無料

  • 駅から
    徒歩3分

    市川駅・錦糸町駅から徒歩3分と、大変アクセスしやすい事務所です。

  • 地域密着の
    専門家

    市川を中心に船橋・松戸など千葉北西部エリアに特化した地域密着の専門家

分野別メニュー

サイトマップ

まずはお気軽にお電話ください

初回の無料相談実施中!

0120-315-078

営業時間 9:00~20:00(平日・土曜)/日曜・祝日は事前予約のみ対応

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ