相談事例

遺言書の作成

市川の方より遺言書についてのご相談

2022年10月04日

Q:遺言書について司法書士の先生にお伺いします。病気で入院中の父が、認知症の母の為に遺言書を作成したいと言っています。(市川)

市川に住む父は70代ですが、闘病中で半年前から市川の病院で入院生活を送っています。母も70代で現在認知症を患っており、子供は息子である私一人です。

認知症である母の今後が不安になったのか、父が先日、遺言書を書くと言い出しました。市川の病院の先生は、病状が優れないのでもうしばらくの入院はかかるだろうとおっしゃっています。父は定年後、市川でビル清掃の仕事をしていてこづかい程度の給料ではあるものの、会社員時代の退職金など多少の蓄えがあるようです。遺言書を作成して遺産の分け方を指示しておけば、自分に万が一のことがあった時に、遺産分割協議をしなくても済むだろうと言っています。しかし、父は利き腕にしびれがあり、自分で書けるか心配なのと、病院から外出するのが困難な状態です。それで今回、市川の司法書士の先生にお伺いしました。(市川)

A:お父様の遺言書は公正証書遺言で作成されると良いでしょう。また、病床でも作成は可能です。

原則、相続においては遺言書の内容が何よりも優先されます。遺言書を遺すことで、相続人は遺産分割協議を行う必要がなくなるため、相続人の中に認知症の方がいる場合はぜひ遺言書を作成するようにしてください。

市川の病院に入院されているお父様のご意向を法的に有効となる書類で残したい場合は、公正証書遺言で作成するのが安心でしょう。

公正証書遺言とは、公証役場の公証人が遺言者の口述内容から遺言書を作成してくれる公文書です。そのため自筆・署名が困難な方も公証人に口述等で意思を伝えて遺言書を作成できるため、公正証書遺言での作成をおすすめします。

身体が動かず、公証役場に出向くことが困難などといった場合にも、公証人が病院やご自宅に出向きますのでご安心ください。

また、遺言執行者を指定しておけば、遺言者が亡くなった際に遺言執行者がまとめて各種手続きをおこなうことになるので、このケースでは必ず遺言執行者を指定しておきましょう。

公正証書遺言は作成にあたり多少の費用がかかりますが、法律の手続きに則って作成しますので、方式の不備により遺言書が無効になる心配がなく、信用性が高いことが特徴です。また、作成した遺言書は、公証役場に保管されるため紛失や改ざんのおそれもありません。

〈公正証書遺言のメリット〉

1)作成した原本が公正役場に保管され、遺言書紛失の可能性がない。

2)自筆証書遺言の際に必要な家庭裁判所による遺言書の検認手続きが不要。

※法務局において保管された自筆証書遺言については検認が不要。

市川錦糸町相続遺言相談室では、市川のみならず、周辺地域にお住まいの皆様から相続手続きや遺言書に関するたくさんのご相談をいただいております。
相続手続きや遺言書は慣れない方にとっては複雑な内容となり、多くの時間を要する手続きになるかと思われます。市川錦糸町相続遺言相談室では市川の皆様のご相談に対し、最後まで丁寧に対応させていただきます。遺産相続に関するお困り事をお持ちの方は、安心してご相談ください。また、市川錦糸町相続遺言相談室では市川の地域事情に詳しい相続手続きの専門家が、初回のご相談を無料にてお伺いしております。
市川の皆様、ならびに市川で相続手続きができる司法書士および事務所をお探しの皆様にお目にかかれる日をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

市川の方より遺言書についてのご相談

2022年06月01日

Q:相続によるトラブルを防ぐため、遺言書を作成したいと考えています。司法書士の先生、アドバイスを頂けませんか。(市川)

私は市川在住の主婦です。今回は私の父のことについてご相談させてください。父は同じく市川に住んでおり、今は幸い元気で過ごしていますが、自分にもしものことがあった場合についてよく口にするようになりました。父は市川市内にいくつか不動産と預貯金を財産としてもっており、これらをめぐって私たち兄弟が揉めてしまうのではないかと心配しているようです。兄弟は私を含めて3人おり、最近はあまり連絡を取っておらず、仲が良いとは言い難いため、不安にさせてしまっています。トラブルにならないよう、遺言書を作成したいと言っているのですが、私も父も詳しい知識がないため、どのように作成すればよいのか教えていただけませんか?(市川)

 

A:お父様がお元気なうちに遺言書を作成し、トラブルを未然に防ぎましょう。

相続において遺言書の内容は優先され、ご自身の財産をどのように分割するかご自身で決めることが可能となります。

ご相談内容をお伺いしたところ、不動産をいくつかお持ちとのことですが、相続トラブルが多いと言われるのは不動産が多い相続です。現金であれば分割することが比較的容易にできますが、不動産ですと均等に分割することが難しい場合が多くあるためです。

ご自身のお気持ちを反映した遺言書を作成しておくことで、トラブルを防ぐことが出来るかもしれません。

なお、遺言書には①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証書遺言の3種類がありますので、それぞれ簡単にご説明します。

①自筆証書遺言 その名の通り遺言者が自筆で作成する遺言書です。費用が掛からず、すぐに作成することが出来るのがメリットですが、作成方式を誤ってしまうと無効になるため、注意が必要です。また、開封の際には家庭裁判所での検認の手続きが必要となります。

20207月より法務局にて自筆証書遺言書の保管が可能となり、法務局で保管していた自筆遺言証書については家庭裁判所での検認手続きを省略できます。

②公正証書遺言 公証役場の公証人に遺言内容を伝え、公証人が作成する遺言書です。作成した原本は公証役場に保管されるため、偽造や紛失の心配がないこと、法律の専門家である公証人が作成するため不備により無効となることがありませんので、確実に遺言書を残したい方にお勧めです。デメリットとしては費用がかかります。

③秘密証書遺言 遺言者が作成した遺言書が存在することを公証人が証明する遺言書です。遺言の内容を本人以外に知られることなく作成できますが、方式の不備により無効になる可能性があり、現在はあまり利用されていません。

 

今回のご相談者様のように相続人のトラブルを防ぐため、確実に遺言書を残しておきたいというケースでは公正証書遺言の作成をおすすめします。また、遺言書には「付言事項」として相続人の方への思いなどを記すことも可能です。

市川錦糸町相続遺言相談室では遺言書にくわしい司法書士が市川にお住まいの皆様の相続や遺言書に関するお悩みにお答えいたします。初回のご相談は無料でお伺いしておりますので、小さな疑問からお気軽にご相談くださいませ。市川にお住まいの皆様ならびに市川近辺で遺言書作成や相続に詳しい司法書士をお探しの皆様からのお問い合わせをスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

市川の方より遺言書についてのご相談

2022年04月01日

Q:司法書士の先生に質問です。遺言書で遺言執行者に指名されたのですが、何をすれば良いのでしょうか(市川)。

司法書士の先生、はじめまして。私は市川に住む50代会社員です。
両親も市川に住んでいるのですが先日父が亡くなり、母と兄と私の三人で無事に葬儀を済ませ、遺品整理に取りかかろうとしているところです。

父は生前に公正証書遺言で遺言書を作成していたとのことなので、遺品整理を始める前に父の遺言書を確認してみることに。すると「次男である〇〇に遺言執行者を指名する」と、追記のような形で遺言書の本文に書かれているではありませんか。遺言執行者なんてはじめて聞く言葉ですし、指名されたからといって何をすれば良いのかさっぱりわかりません。
司法書士の先生、遺言執行者に指名された人は何をすれば良いのでしょうか?また、辞退できるようであれば、その方法についても教えていただきたいです。(市川)

A:遺言執行者が行うのは、遺言書の内容を実現するための各種事務手続きです。

被相続人が生前に遺言書を作成していても相続人がその内容通りに手続きを進めてくれるとは限らず、場合によっては相続人間の争いに発展する可能性があります。そのような事態に備えて遺言書内で指名しておける存在が「遺言執行者」です。

遺言執行者とは遺言書の内容を実現するために必要な各種事務手続きを行う者であり、遺言執行者に指名された方は相続財産の管理や遺言内容の執行に関する権利と義務を有します。つまり、遺言書において遺言執行者に指名されたご相談者様は、お母様とお兄様に代わって多岐にわたる相続手続きを進める立場になるというわけです。

遺言執行者は未成年者や破産者でなければ誰でも良く、相続人はもちろんのこと、司法書士などの専門家がなることも可能です。今回の相続で不動産登記などの煩雑な手続きが発生する場合には、専門知識がないとご自分で進めるのは難しいかもしれません。

また、遺言執行者の辞退については、就任を承諾する前であれば辞退する旨を他の相続人に伝えるだけで良いですが、就任を承諾した後ですと家庭裁判所の許可が必要となります。遺言執行者を辞退したいとお考えの際は、速やかに意思表示をするように注意しましょう。

なお、ご相談者様が辞退すると遺言執行者は不在となりますが、必要であれば相続人や受遺者、債権者などの利害関係人が請求することで新たな遺言執行者を家庭裁判所が選任してくれます。相続人だけで遺言書の内容を実現するのは難しいと思われるようであれば、請求してみるのもひとつの方法です。

市川錦糸町相続遺言相談室では、市川をはじめ市川近郊の皆様から遺言書に関するご相談を多数いただいております。豊富な知識と経験を有する当サイトの司法書士が親身になってお話を伺い、お悩みやお困り事の解消に向けて全力でご対応いたします。
市川にお住まい、または市川にお勤めの方で遺言書や相続全般について何かお困りの際には、市川錦糸町相続遺言相談室までぜひお気軽にお問い合わせください。
初回相談は無料です。司法書士ならびにスタッフ一同、市川の皆様からのお問い合わせを心よりお待ち申しております。

まずはお気軽にお電話ください

0120-315-078

営業時間 9:00~20:00(平日・土曜)/日曜・祝日は事前予約のみ対応

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ

「市川 錦糸町 相続遺言相談室」は市川を中心に船橋・松戸など千葉北西部エリアで相続に関して安心のサポートを提供しております。また、錦糸町にも事務所を構えております。市川駅から徒歩3分、錦糸町駅から徒歩3分の場所にございます。お気軽にお問い合わせください。

無料相談実施中!

  • 0120-315-078
    営業時間 9:00~20:00(平日・土曜)
    日曜・祝日は事前予約のみ対応

  • 初回60分~90分無料相談のご案内
  • 事務所案内
  • 代表あいさつ
  • アクセス
  • サポート料金
  • 無料相談

アクセス

  • 事務所所在地
    【市川本店】
    司法書士・行政書士


    〒272-0034
    千葉県市川市市川1丁目7-15
    カメイビル203号
  • 【錦糸町支店】
    司法書士


    〒130-0013
    東京都墨田区錦糸3丁目8-8
    リヴュール・ツムラ1001

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続の基礎知識

当事務所が選ばれる理由

当事務所が選ばれる理由
  • 初回は
    相談無料

  • 駅から
    徒歩3分

    市川駅・錦糸町駅から徒歩3分と、大変アクセスしやすい事務所です。

  • 地域密着の
    専門家

    市川を中心に船橋・松戸など千葉北西部エリアに特化した地域密着の専門家

分野別メニュー

サイトマップ

まずはお気軽にお電話ください

初回の無料相談実施中!

0120-315-078

営業時間 9:00~20:00(平日・土曜)/日曜・祝日は事前予約のみ対応

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ