相談事例

遺言書の作成

市川の方より遺言書に関するご相談

2023年06月02日

Q:父の残した遺言書に書いていない土地がみつかりました。どのように手続きをすればいいのか司法書士に相談したい。(市川)

2ヶ月前に地元市川で暮らしていた父が亡くなりました。実家には母と二人で生活をしていましたが、持病持ちでしたので遺言書をはやいうちから作って準備をしていると生前から話を聞いていましたので、その内容に従い相続手続きをすすめていました。ところが先日、市川の郊外に放置されたままの土地がみつかりこの名義は父になっていることが判明しました。代々受け継いできたもののようですが、父も存在を忘れていたの遺言書から記載が漏れていたようです。この土地の相続手続きについて、どのようにしたらよいか行政書士の先生にアドバイスいただければと思います。(市川)

A:遺言書に「その他の財産の扱いについて」の記載がない場合は、相続人全員で遺産分割協議を行い手続きをすすめます。

まずご確認いただきたいのが、お父様の作成された遺言書の中に「遺言書に記載のない財産の相続方法」といったような記載についてです。相続する財産の種類が多い方などは、把握しきれていない財産について「記載のない財産の扱いについて」といったように、記載されていない財産についてひとくくりにして遺言書を書かれる方もいらっしゃいます。お父様の作成した遺言書にこの記載といたようなものがあれば、その内容に従い相続手続きをすすめます。

このような記載がみつからない場合は、新たに見つかった財産について相続人全員による遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成しその内容に沿って手続きを進めていきます。遺産分割協議書についてですが、形式や書式等に規定はありませんので、手書きでもパソコンでの作成でも問題ありません。相続人全員で内容を確認し、署名、実印での押印をして完成をさせます。もし記載内容についての不明点ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

今現在、相続手続きでお困りの市川のみなさま、ぜひ市川錦糸町相続遺言相談室の無料相談をご利用ください。遺言書の作成から、遺言書がある場合の相続手続きまで、相続に関することでしたら幅広く対応させていただきます。今回のケースのように、遺言書があるからといってスムーズに全ての手続きが完了するというわけではありません。また実際に行う相続手続きも多岐にわたりますので、一般の方には不慣れなことも多くございます。そのような時には、ぜひ相続の専門家である市川錦糸町相続遺言相談室にお任せください。みなさまのお困り事に、最後まで丁寧に対応いたします。

市川の方より遺言書についてのご相談

2023年01月06日

Q:動物保護団体に寄付をしたいのですが、遺言書を書くといいと聞きました。(市川)

市川在住の主婦です。5年ほど前に主人を亡くし、長年主人と暮らしてきた自宅で現在は愛犬とともに暮らしています。私たちには子供がおらず、親戚といっても市川郊外に住むまったく交流のない亡き兄の子になるかと思います。そんな状態で、私が死んだあと、愛犬と遺産はどうなるのかと心配になってきました。
会ったこともないような親戚の子に遺産を譲り愛犬を託すことになるのであれば、市川にある動物保護施設を運営する団体に寄付したいと思っています。その団体が寄付を受け付けていることは調べてわかったのですが、手続きについては私の死後のことですのでどうなるのかが分かりませんでした。このような場合、遺言書を残せば希望の寄付先に遺贈することが出来るのですか?(市川)

A:寄付を希望される場合は、公正証書で遺言書を作成しましょう。

もしご相談者様が遺言書を作成せずお亡くなりになると、推定相続人であるお兄様のお子様が財産を相続することになると思われますが、遺言書を作成すればご相談者様がお亡くなりになった後、指定した団体に遺贈することが可能となります。遺言書を作成することにより、ご相談者様ご自身の意思を反映して、どの財産を誰に遺贈するかを決めることが可能になるのです。

民法において遺言書は、①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証書遺言の3つの方式(普通方式)があります。ご相談者様のように確実に指定した団体に寄付をしたい場合は、②の公正証書遺言が最も適切な遺言書です。公正証書遺言とは、遺言者が伝えた内容をもとに公証役場の公証人が文章をおこし、公正証書に作成する遺言書です。公正証書遺言は、法律の知識を備えた公証人が確実かつ方式に不備のない遺言書を作成します。また遺言書の原本は公証役場にて保管されるため紛失の心配がなく、遺言書の検認手続きも不要ですのですぐに手続きが可能となります。

今回は相続人以外の団体への寄付をご希望されていますので、遺言執行者を遺言で指定します。遺言執行者は遺言書の内容を実現するために必要な手続き等を行う権利義務を有するので、信頼できる人に公正証書遺言が存在することと併せて伝えておきましょう。

また寄付先についてですが、現金(もしくは遺言執行者により現金化した財産)しか受け付けない団体もありますので、寄付先の正式な団体名とともに寄付内容も確認してください。

市川錦糸町相続遺言相談室、確実な遺言書を残したいという場合には、公正証書遺言を作成する事をお勧めしております。市川錦糸町相続遺言相談室では、専門家が遺言書の内容の確認や、必要な書類の収集まで、幅広くお手伝いをさせて頂いております。市川にお住いの皆様からの相続、遺言書に関するご相談にも初回の無料相談から丁寧にご対応させていただいております。市川近郊にお住いの方で相続手続き、遺言書などについてのお悩み事やご心配なことがございましたら、お気軽にご相談ください。スタッフ一同市川の皆様の親身になってご対応させていただきます。

市川の方より遺言書についてのご相談

2022年10月04日

Q:遺言書について司法書士の先生にお伺いします。病気で入院中の父が、認知症の母の為に遺言書を作成したいと言っています。(市川)

市川に住む父は70代ですが、闘病中で半年前から市川の病院で入院生活を送っています。母も70代で現在認知症を患っており、子供は息子である私一人です。

認知症である母の今後が不安になったのか、父が先日、遺言書を書くと言い出しました。市川の病院の先生は、病状が優れないのでもうしばらくの入院はかかるだろうとおっしゃっています。父は定年後、市川でビル清掃の仕事をしていてこづかい程度の給料ではあるものの、会社員時代の退職金など多少の蓄えがあるようです。遺言書を作成して遺産の分け方を指示しておけば、自分に万が一のことがあった時に、遺産分割協議をしなくても済むだろうと言っています。しかし、父は利き腕にしびれがあり、自分で書けるか心配なのと、病院から外出するのが困難な状態です。それで今回、市川の司法書士の先生にお伺いしました。(市川)

A:お父様の遺言書は公正証書遺言で作成されると良いでしょう。また、病床でも作成は可能です。

原則、相続においては遺言書の内容が何よりも優先されます。遺言書を遺すことで、相続人は遺産分割協議を行う必要がなくなるため、相続人の中に認知症の方がいる場合はぜひ遺言書を作成するようにしてください。

市川の病院に入院されているお父様のご意向を法的に有効となる書類で残したい場合は、公正証書遺言で作成するのが安心でしょう。

公正証書遺言とは、公証役場の公証人が遺言者の口述内容から遺言書を作成してくれる公文書です。そのため自筆・署名が困難な方も公証人に口述等で意思を伝えて遺言書を作成できるため、公正証書遺言での作成をおすすめします。

身体が動かず、公証役場に出向くことが困難などといった場合にも、公証人が病院やご自宅に出向きますのでご安心ください。

また、遺言執行者を指定しておけば、遺言者が亡くなった際に遺言執行者がまとめて各種手続きをおこなうことになるので、このケースでは必ず遺言執行者を指定しておきましょう。

公正証書遺言は作成にあたり多少の費用がかかりますが、法律の手続きに則って作成しますので、方式の不備により遺言書が無効になる心配がなく、信用性が高いことが特徴です。また、作成した遺言書は、公証役場に保管されるため紛失や改ざんのおそれもありません。

〈公正証書遺言のメリット〉

1)作成した原本が公正役場に保管され、遺言書紛失の可能性がない。

2)自筆証書遺言の際に必要な家庭裁判所による遺言書の検認手続きが不要。

※法務局において保管された自筆証書遺言については検認が不要。

市川錦糸町相続遺言相談室では、市川のみならず、周辺地域にお住まいの皆様から相続手続きや遺言書に関するたくさんのご相談をいただいております。
相続手続きや遺言書は慣れない方にとっては複雑な内容となり、多くの時間を要する手続きになるかと思われます。市川錦糸町相続遺言相談室では市川の皆様のご相談に対し、最後まで丁寧に対応させていただきます。遺産相続に関するお困り事をお持ちの方は、安心してご相談ください。また、市川錦糸町相続遺言相談室では市川の地域事情に詳しい相続手続きの専門家が、初回のご相談を無料にてお伺いしております。
市川の皆様、ならびに市川で相続手続きができる司法書士および事務所をお探しの皆様にお目にかかれる日をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

まずはお気軽にお電話ください

0120-315-078

営業時間 9:00~20:00(平日・土曜)/日曜・祝日は事前予約のみ対応

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ

「市川 錦糸町 相続遺言相談室」は市川を中心に船橋・松戸など千葉北西部エリアで相続に関して安心のサポートを提供しております。また、錦糸町にも事務所を構えております。市川駅から徒歩3分、錦糸町駅から徒歩3分の場所にございます。お気軽にお問い合わせください。

夕刊フジ「よろず相談室」に当事務所が回答をいたしました。
(2023年4月毎週金曜日掲載)

無料相談実施中!

  • 0120-315-078
    営業時間 9:00~20:00(平日・土曜)
    日曜・祝日は事前予約のみ対応

  • 初回60分~90分無料相談のご案内
  • 事務所案内
  • 代表あいさつ
  • アクセス
  • サポート料金
  • 無料相談

アクセス

  • 事務所所在地
    【市川本店】
    司法書士・行政書士


    〒272-0034
    千葉県市川市市川1丁目7-15
    カメイビル203号
  • 【錦糸町支店】
    司法書士


    〒130-0013
    東京都墨田区錦糸3丁目8-8
    リヴュール・ツムラ1001
  • 【船橋支店】
    司法書士・行政書士


    〒273-0005
    千葉県船橋市本町2丁目2-7
    船橋本町プラザビル6C
セミナー情報

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続の基礎知識

当事務所が選ばれる理由

当事務所が選ばれる理由
  • 初回は
    相談無料

  • 駅から
    徒歩3分

    市川駅・錦糸町駅から徒歩3分と、大変アクセスしやすい事務所です。

  • 地域密着の
    専門家

    市川を中心に船橋・松戸など千葉北西部エリアに特化した地域密着の専門家

分野別メニュー

サイトマップ

まずはお気軽にお電話ください

初回の無料相談実施中!

0120-315-078

営業時間 9:00~20:00(平日・土曜)/日曜・祝日は事前予約のみ対応

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ